株式会社 大新

事業案内

■加工品

原料にこだわり、境港をはじめ全国から新鮮な鮮魚を買い付け、タタキ身、三枚おろし(フィーレ)、開きをスピーディーに製造しています。
つみれ、ハンバーグ、ワンタンなどのオリジナル加工品は、素材本来の旨みを活かし、ヘルシーで安心できる高品質の商品をお届けできるよう努力を続けています。

とれとれいわし

いわし100%の商品
国内産のイワシを使用しタタキ身にしました。練り工程がなく、イワシの身の粗挽き感があります。

つみれ汁、ハンバーグ、そぼろなどお好みの味付けで、いろいろな料理方法がお楽しみいただけます。
とれとれいわし、とれとれあじ、とれとれとびうおは株式会社大新の登録商標です



境港は、古くからイワシを中心とした魚が水揚されている日本有数の漁港です。
イワシの水揚げの最盛期は、1日に数百~数千トンの水揚がありましたが、全国の市場出荷、ミール、魚のえさ等に使用されていました。
当時の担当者は新鮮なイワシを全国の皆様に食べていただきたいとの思いで「とれとれいわし」を昭和57年に開発しました。当初は量販店、業務用として販売していましたが、生協の組合員様向けに作り始め、全国で人気商品となり、現在でもたくさんの組合員様にご利用頂いております。
現在は原料確保が不安定な中、より良い商品をご提供できるよう日々努力しております。

 

【加工品の調理例】





■鮮魚

 【鮮冷部】

国内有数の漁獲基地境港に根差し、長年の経験により目利きした新鮮な魚を取り扱っています。
全国の主要市場を筆頭に、いわし・あじ・さばを中心に出荷しています。
近年は商社との取引も増加し、加工原料や飼料用の原料として海外への輸出のウェイトも高くなっています。




 【鮮魚部】

四季に応じた旬の鮮魚を早朝の市場で買付することから一日が始まります。
販売は地元のスーパーや飲食店はもちろん、都市部の量販店又は大手居酒屋チェーンを中心に全国展開しています。また、経験と知識を豊富に備えた買付人の厳しい目利きでセレクトした『鮮魚セット』も県内外のお客様へお届けし、好評で喜ばれています。
最近では夏場の本マグロ、冬から春にかけての松葉ガニといった境港ならではの商品のブランド力も向上しており、そちらの取扱いも年々増加しています。
どしどしお問い合わせ下さい。




<境漁港高度衛生管理型漁港へ>
日本海沖合漁業の拠点である境漁港は、災害に強く消費者の「安全・安心」のニーズに応え、高い水揚機能を備えた日本一魅力あふれる漁港・市場を目指しています。
現在、高度衛生管理基本計画(平成26年9月水産庁策定)に基づき国内外の人や物の交流が盛んとなる2020年東京オリンピック開催までの主要部分供用開始を目標として高度衛生管理型の漁港・市場整備を進めています。